虫歯治療 | くましろ歯科医院(高槻)

虫歯治療

できるだけ歯を削らない虫歯治療

musi

くましろ歯科では、開業当初より歯を守るための予防を重視し、できるだけ歯を削らないように虫歯予防を大切にしています。

虫歯かどうかはぱっと見ただけでは分かりづらく、実は中で大きく広がっていた、ということも少なくありません。

昔は虫歯を見つけると、「できるだけ大きく削って大きく詰める」治療方法が主流でした。そのため、削りすぎることも多々ありました。

しかし、最近では予防が重要視されており、くましろ歯科では「虫歯の部分のみを除去し、削る範囲を最小限にとどめて歯を守る」ことを大切にしています。

歯医者が怖い方へ 痛みが少ない治療の工夫

itai

くましろ歯科では、できるだけ治療時の不安を少なくできるよう、痛みを極力少なくする工夫を行っています。

例えば、針を刺すときのチクっとした痛みは敏感な方には表面麻酔を塗ることでほとんど痛みがなくなります。

さらに、電動麻酔器や非常に細い針を使うことで、ゆっくりと薬液が注入されるので押されるような痛みもほとんどありません。

→歯医者が怖い方へ 治療の工夫についてはこちら

虫歯の進行 C1

cavity001

虫歯は歯の表面にあるエナメル質が溶けることから始まります。
虫歯の進行度合いにより、痛みなどの症状が異なります。

C1は、虫歯がエナメル質の範囲にとどまっている状態です。この段階ではプラスチックの詰め物を詰めるだけの簡単な治療ですみます。治療時も麻酔は必要なく、痛みは全くありません。

虫歯の進行 C2

cavity002

虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで進んでいる状態です。

神経が近いため、冷たいものや甘いものでしみたり痛むことがあります。

この段階では、治療時に麻酔が必要で、型をとって詰め物をつめる治療を行います。

虫歯の進行 C3

cavity004

虫歯が神経まで進んでしまった状態です。
歯がズキズキとかなり痛み、眠る際も痛みで起きてしまうこともあります。

放置しておくと、神経が腐っていき、先に膿がたまっていきます。
早急に神経の治療を開始する必要があります。

虫歯の進行 C4

cavity005

虫歯が進行し、歯全体がすべて溶けてなくなってしまった状態です。

神経も死んでいるので、痛みは通り越して無痛ですが、神経自体は腐っているので放置しておくとよくありません。

神経の治療後、土台をたてて差し歯にする(可能な場合)必要があります。