虫歯になりやすい歯って? | くましろ歯科医院(高槻)

虫歯になりやすい歯って?

 

はじめての歯が生えた頃の赤ちゃんや、乳歯が生えそろう頃のお子さんの虫歯になりやすい歯ってご存知ですか?

お口の成長とともに赤ちゃんの食生活はおっぱいから離乳食へと変化していきます。

実は、こうしたお口と食事の変化に応じて虫歯になりやすい場所も変わっていくのです。

 

 

<0〜2歳頃> おっぱいを飲んでいる頃

おっぱいや哺乳びんのあたる上あごの前歯の裏に注意が必要です。

 

<3〜5歳頃> 乳歯の奥歯が生えてきたら

汚れの溜まりやすい奥歯への歯と歯の間や溝に注意が必要です。

 

 

そして、多くの人が虫歯にしてしまうのがいちばん最初に生える永久歯である

「6歳臼歯(第一大臼歯)」です。

6歳臼歯は乳歯列の奥に、ゆっくりと1〜2年かけて生えてきます。

その為、意外と目立たず半分歯ぐきに隠れている生えかけのときには歯ブラシが届きにくく、汚れが溜まりやすい状態となってしまうのです。

 

 

ではこうした6歳臼歯を守るにはどうすればよいのでしょう?

→隣の乳歯が抜けたときが、視診できる唯一のチャンスです!

いちばん奥の歯が抜けたら、6歳臼歯が虫歯になっていないか歯医者さんで診てもらいましょう。

 

 

お子さんのお口の成長に応じた虫歯になりやすいポイントを意識することで、虫歯予防をしていきましょう。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ