虫歯の治療法、予防について | くましろ歯科医院(高槻)

虫歯の治療法、予防について

こんにちは、くましろ歯科です。

気温がぐっと下がり、季節はいよいよ冬ですね。
風邪をひかないよう、暖かくして過ごしましょう。

 

さて今回は
”虫歯の治療法” や ”虫歯の予防” についてご案内いたします。

 

痛くないからといって虫歯がないわけではありません!

 

虫歯は進行度合によってCO・C1・C2・C3・C4の5段階にわけることができます。

 

それぞれ段階ごとに、どんな治療を行うのか治療にかかる日数なども交えて、ご紹介します。

 

・CO[要観察歯]
歯の表面にある “エナメル質” が溶け始めて白くなっている状態です。
歯に穴はあいておらず、痛みやしみるなどの自覚症状もありません。この段階なら、毎日正しく歯のケアを行えば “再石灰化” され、虫歯が修復する可能性が高くなります。その為、虫歯を削るなどの治療は行いません。

 

・C1[初期段階の虫歯]
C1になると、COのように “再石灰化” によって虫歯が治ることはありません。
虫歯の部分だけを小さく削り取り、削り取った部分に “コンポジットレジン” というプラスチック製の詰め物を入れるのが一般的な治療です。“コンポジットレジン” とは、一般的な歯科医院でもよく用いられる樹脂製の補綴物です。柔らかいペースト状で、可視光線に当てると短時間で固まる素材です。その為、型を取る必要がありませんので、治療は1回で済みます。

 

・C2[冷たいものがしみるなどの虫歯]
エナメル質の下にある “象牙質” に虫歯が進行した状態で、虫歯が歯の中で大きく広がっています。
虫歯が神経に近づけば近づくほど、冷たいものや熱いもの、甘いものがしみるようになります。
治療としては、虫歯になっている部分を取り除き、C1と同様、 “コンポジットレジン” でその場で詰める方法や、詰め物を入れるための歯型を取り、詰める方法が一般的です。詰め物が完成するまで(1週間〜10日程)は仮の封をし、次回の受診時に完成した詰め物と交換します。その為、詰め物による治療は最短でも2回受診していただきます。

 

・C3[痛みがある虫歯]
歯の神経まで虫歯が到達している状態です。
何もしていなくても、ズキズキ激しい痛みを感じる場合もあります。さらに放っておくと、神経が死んでしまい腐ってくるので、神経を取り除く “根管治療” が必要です。まずは虫歯になっている部分を削り、神経を取り除きます。数回にわたり、歯の根っこを治療します。炎症がおさまると、神経を取り除いた部分に薬を入れ、被せ物を入れるための ”土台” をつくります。そして土台が入ったら、被せ物を入れます。土台、被せ物それぞれ型を取りますので、C3の治療には、炎症がおさまってから最短で2回かかります。その為、炎症の状態によって異なりますが、1〜3ヶ月ほどかかることがほとんどです。

 

・C4[歯が崩れて末期状態の虫歯]
歯の神経が死んで腐り、それとともに歯が崩れて根元しか歯が残っていない状態です。
ここまで進行すると、歯を残す治療は難しく、歯を抜く可能性が高くなります。歯を抜いた後は部分入れ歯やブリッジ、インプラントなどを入れます。保険適用ではない治療もありますので、先生と相談しながら進めていくことをおすすめします。治療期間は抜歯から、2〜4ヶ月程です。

 

知らない間に虫歯が進行していた!ということにならない為に、日々の予防や定期検診がとても大切です。

 

☆歯磨き法

 

虫歯を予防する為には “プラーク(歯垢)” を取り除き、虫歯の原因となるミュータンス菌を減らすことが大切です。
 “プラーク(歯垢)” は歯と歯茎の境目に溜まるのでこの場所を中心に歯ブラシを当てます。歯と歯茎には約3mm程の溝があるので、そこに毛先を確実に当て磨くことがポイントです。歯ブラシは5mm程度の幅で小刻みに動かし、一本一本ていねいに磨きましょう。また、プラークは歯と歯の間にも溜まりやすいので、歯磨きの後に歯間ブラシやフロスを使い歯と歯の間もきれいにしておきましょう。力を入れすぎないように、鉛筆を持つような持ち方で優しく磨きましょう。
強い力でゴシゴシ磨くのはNGです!
実は歯ブラシだけでは、歯垢全体の約60%しか除去できないという報告があります。歯ブラシに加え、フロスを使用すると約86%、さらに歯間ブラシを使用すると約95%の歯垢が除去できます。

 

毎食後、歯を磨くことが望ましいですが忙しい時に、ゆっくり磨くのは難しいですね。
1日何度も歯を磨くことができない場合でも、就寝前だけは時間をかけてしっかり磨くことが大切です。歯の細菌は、唾液の分泌が少なくなり、口の中が乾きやすい睡眠中がもっとも繁殖するためです。
1日の終わりには、ゆっくりと時間をかけて歯を磨き、歯を健康に保ちましょう♪

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ