歯周病とは? | くましろ歯科医院(高槻)

歯周病とは?

こんにちは。くましろ歯科医院です。
今回は歯周病についてお話しさせて頂きます。

 

<歯周病とはどんな病気?>
・歯ぐきに炎症が起こって血や膿がたまり、歯を支えている歯槽骨といわれる骨が少しづつ壊されていく病気です。
・「歯周病」とは歯肉炎+歯周病、この2つの状態を総称した病名です。

 

<歯周病の直接的な原因は?>
・歯垢(プラーク)です。
歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)や歯と歯の間に潜んでいます。この歯垢(プラーク)の中の細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起きます。

 

<歯周病になってしまった歯ぐきの状態は?>
・歯周病になると歯ぐきに赤みや腫れ、出血、口臭といった症状が起こります。
・「ハリが足りない」、「色が気になる」、「むずがゆい」、「歯磨きした時に出血する」など歯ぐきの変化を感じたら歯周病のサインかもしれません。

 

<歯周病の進行過程は?>
①健康な状態
・歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)はほとんどなく、歯ぐきが引き締まっています。

②歯肉炎
・歯垢(プラーク)や歯石(歯垢が石灰化したもの)がたまり歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きのときに出血するようになります。

③歯周炎(軽度)
・歯ぐきの腫れが大きくなり、赤く腫れブヨブヨした感じになります。
歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)も深くなってくるため、歯垢や歯石がたまりやすく骨も溶け始めます。

④歯周炎(中度)
・歯ぐきの腫れは軽度より増し、腫れ上がります。
歯周ポケットも深くなるため、ますます歯垢や歯石がたまりやすくなり口臭の原因となります。
骨が溶け歯がぐらつき始めるため歯が浮いたような感じになります。

⑤歯周炎(重度)
・歯を支えている骨がなくなると同時に歯ぐきもさがってきます。
歯がグラグラになり支えることができなくなります。

 

<進行度別の治療法は?>
①軽度の歯周病
・歯の表面についている目に見える歯石や、歯と歯ぐきの境目の溝の中の歯石を歯科衛生士が機械や器具で取っていきます。
(麻酔を使用することはほとんどありません)

②中度の歯周病
・歯と歯ぐきの境目の溝の深いところに付いている歯石を取り、歯石を付きにくくするために歯の表面をすべすべにします。
(麻酔を使用することもあります)

③重度の歯周病
・歯を支える骨が吸収し、歯と歯ぐきの境目の溝が深すぎるため、歯ぐきの中に付いている歯石を取るには限界が出てきます。
そのため歯科医師が麻酔を使い外科処置をする必要があります。

 

<ブラッシングで歯周病を予防するには?>
①適正な歯ブラシを選びましょう
・大きすぎない歯ブラシ
・やわらかめの歯ブラシ
・毛先が広がっていない歯ブラシ など

②補助的清掃用具を使いましょう
・歯間ブラシ
・フロス(糸ようじ)  など

 

<磨き方は?>
①歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛先を入れ、力を入れず歯ぐきをマッサージするように磨きます。
そのとき小刻みに動かして1歯ずつ磨くつもりで磨くと良いです。

②寝る前にはしっかりと歯を磨くようにしましょう。
寝ている間は唾液の量が減るため細菌が繁殖しやすい環境になります。

③歯ブラシでは取りきれない汚れは歯間ブラシやフロスを使って取るようにしましょう。

 

<最後に・・・>
これまで、歯周病はお口の中だけの病気と考えられてきましたが近年、歯周病が全身にもたらす影響について研究が進められています。
また糖尿病の方は歯周病になられている割合が高く、重症化しやすいことがわかっています。
健康に暮らすためにはまず歯周病を理解し生活習慣病の一つとして注意しましょう。
正しい歯の磨き方を常に心がけて定期検診などを受け予防していくことが大切です。

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ