キシリトールはなぜ虫歯予防に効果があるの? | くましろ歯科医院(高槻)

キシリトールはなぜ虫歯予防に効果があるの?

こんにちは。くましろ歯科医院です。
今回はキシリトールの虫歯予防効果についてご説明していきます。

①キシリトールとは何?

キシリトールとは白樺や樫などに含まれる天然の甘味成分、キシラン・ヘミセルロースに水素を加えて化学反応を起こした「糖アルコール」と呼ばれるものです。

②虫歯とは何?

虫歯とはお口の中に常にあるミュータンス菌という常在菌が食べ物の中の糖を分解して酸を発生させます。その酸が虫歯の表面を溶かしてしまう病気です。

③なぜキシリトールは虫歯予防に効果があるの?

・キシリトールは虫歯菌が分解できない独特の構造なので、酸を発生させることができずに虫歯菌が少なくなっていきます。

・キシリトールの爽快感のある甘味は唾液の分泌を増やす効果もあります。
そのため唾液中のカルシウムと結びついて、「キシリトール・カルシウム」という形になり、エナメル質の再石灰化を促す効果もあります。

*キシリトールをお口の中に長時間とどめておけるという意味ではキシリトールガムがおすすめです。

ミュータンス菌を減らしたい方は食後すぐに。
唾液を増やしたい方は食前にキシリトールガムをかみましょう。

最低でも5〜10分間噛み続けることを2週間続けると虫歯菌が少なくなってくると言われています。

ミュータンス菌が多い人、虫歯になりやすい人、唾液の少ない人、ストレスの多い人はぜひキシリトールを試してみてください!

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ