タフトブラシについて | くましろ歯科医院(高槻)

タフトブラシについて

みなさんこんにちは。くましろ歯科医院です。

以前、歯ブラシについて説明させていただきましたが、今回は歯ブラシの種類の中の1つである、タフトブラシについてご紹介したいと思います。

みなさんは「歯並びが悪いところ」「奥歯の奥」「背の低い親知らず」など意識して磨いていますか?
そのようなところは歯ブラシの毛先が届きにくく、意識して磨かないと歯垢が残ってしまいます。
そのような磨きにくいところにはピンポイントで毛先が届く「タフトブラシ」がおすすめです。

では実際どのようなところにタフトブラシを使うとよいでしょうか?

タフトブラシを使う例として

1.歯並びが悪いところ
2.奥歯の奥
3.矯正装置のまわり
4.前歯の裏
5.背の低い親知らず
6.抜けた歯のまわりや詰め物と歯の間

使用時のポイント

1.歯ブラシと同じで「ペングリップ」で持つ
タフトブラシは軽い力で小刻みに動かしやすい「ペングリップ」で持つことがおすすめです。力を入れすぎると歯ぐきを傷つける原因になります。

2.鏡で確認しながら使う
タフトブラシを使う所は、磨きづらいところなので鏡を見ながらブラシがあたっているのを確認しましょう。

みなさん、自分の歯を見てタフトブラシが必要な歯はありましたか?
もし必要だと思った方はタフトブラシに挑戦してみてください。
何かわからないことや質問があったら、歯科衛生士さんに聞いてください。
ではタフトブラシを使って磨き残しのない歯を目指しましょう!

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ