歯石とはどんなもの? | くましろ歯科医院(高槻)

歯石とはどんなもの?

こんにちは。くましろ歯科医院です。

今回は歯石についてご説明していきます。
歯石がたまると歯によくないといいます。
では歯石はどうしてできるのでしょうか?
なぜ歯にとってよくないのでしょうか?

<歯石とは?>

①歯こう(プラーク)が歯や歯ぐきのまわりに付着すると、歯ぐきは白血球の防御力が作用して歯ぐきを守ります。しかし白血球の殺菌力が弱くなると細菌毒素や酵素などが反応して炎症が起きます。
そうなることで歯ぐきの内部の血管が拡張し歯磨きなどをしたときに出血を伴います。
このような状態を歯肉炎といいます。

②歯こう(プラーク)は約2週間くらいで石灰化し歯石になります。
石灰化がはじまるとそのまわりにまた細菌群がって、さらに石灰化し歯石はますますがっちりと歯の外側を固めていきます。

*歯石は腎臓や肝臓・唾液菅などに沈着する石と同じような異物です。
しかし他の臓器とちがい、歯ぐきが外部へつながっているため急性症状があっても症状がひどくなりません。
そのため放置している人が多いのです。

<歯石を放っておくとどうなるの?>

①歯石は細菌の固まりなので歯ぐきの炎症が起きます。
②歯石が歯の表面にぴったりくっついていることで歯ぐきをやせさせる原因になります。
③ポケットの中の歯石はさらにポケットを深くしたりして、歯をグラグラにしてしまう原因になります。

歯石とはどんなもので、なぜ歯にとってよくないものなのかわかっていただけたでしょうか?
歯周病の原因の1つである歯石。歯周病にならないようにするには歯石を放置しないようにすることです。
そのためにはシセにならないように早い段階でプラークを除去することが大切になってきます。
まずは歯医者へ行き、歯こう(プラーク)や歯石がついてないか定期検診を受けましょう。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ