なぜ歯磨きが必要? | くましろ歯科医院(高槻)

なぜ歯磨きが必要?

こんにちは。くましろ歯科医院です。

みなさんが毎日する歯磨き。ではなぜ歯磨きが必要なのか考えたことはありますか?
今回はなぜ歯磨きが必要なのかご説明していきます。

<虫歯・歯周病とは?>

細菌が作る感染症です。
細菌は歯の周囲に歯垢(プラーク)という粘着性のある膜を形成してそこにすみつきます。
この歯垢がなければ歯の周囲に細菌は生きていけないのです。

*虫歯や歯周病の原因となる細菌のすみか、すなわち歯垢を除去して歯を守る作業が歯磨きなのです!

<歯垢(プラーク)の成り立ちと性質>

歯垢(プラーク)は食べカスではありません。
まず最初に唾液の中のたんぱく成分が歯につきます。そこに細菌がすみつくところから形成が始まります。

この状態での細菌の付着力は弱いものですが、そこに糖分が存在すると水不溶性グルカンという粘着性の多糖類が細菌によって合成されます。
グルカンができてしまうとその中で細菌が増殖します。
そうなってしまうとなかなか普通の歯磨きではきれいにならないので、その上に次々と増殖した細菌やその死骸などが積もっていきます。この状態を放置すると3〜5日で成熟した歯垢となります。

歯垢(プラーク)は細菌と細菌の生産物なので食事をしなくても蓄積してしまいます。

歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間をつまようじなど先の尖ったもので探ってみて下さい。
乳白色でクリーム状のものがついていませんか?
これが歯垢(プラーク)です。

つまようじなどの先についてきた歯垢の中に1億個もの細菌が存在しています。

口の中には約500種類の細菌が共存状態にあり、身体の中で最も菌密度の高い場所とされていて、歯垢の全くついていない方はほとんどいないと言われています。

近年では1日2回以上歯磨きされる方が増えているそうです。にもかかわらず、歯垢が除去されていない方が多いようです。

命ある限り自分の歯でしっかり噛んで楽しい食生活にしたいものです。
無駄のない歯磨き法を歯科医院で指導してもらい、実行してみましょう。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ