金属アレルギーについて | くましろ歯科医院(高槻)

金属アレルギーについて

こんにちは。くましろ歯科医院です。

今回は金属アレルギーについてご説明していきます。

 

みなさんはアレルギーという言葉を聞くと何を思い浮かべますか?
薬物アレルギーや食物アレルギーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

 

薬物や食物で起こるアレルギーに比べると少ないかもしれませんが色々な金属でアレルギー性皮膚炎が起こることがあります。
これを金属アレルギーといいます。

 

ピアスやネックレス・指輪などはつけている場所にアレルギー反応が出て赤くかぶれなどが起こりますが、口の中の金属は唾液で金属イオンが溶け出し全身にまわるため、身体のどこにアレルギー反応がでるかわかりません。

 

歯科のの治療では虫歯などの修復に金や銀・パラジウムをはじめ色々な種類の金属を使用しています。
金属を使用せずに歯科の治療を行うことは考えられないほど歯科材料の中で金属は重要な役割を占めています。

 

ただ口の中は金属にとって過酷な環境なので、多くの合金は目に見えない形で微量の金属成分が溶け出します。
溶け出した金属成分が生体内に取り込まれ、生体内のタンパク質と結合すると本来生体がもっていない化学物質ができます。
生体はこれを異物とみなしアレルギーが起こることがあるのです。

 

日常生活では色々な金属がアクセサリーや腕時計、台所用品や食器などに使用されているため、金属アレルギーの原因が歯科治療で使用されている金属であるかどうかは原因金属を特定する検査を行わなければなりません。

 

金属アレルギーが疑わしい場合は皮膚科などへ行き、検査を受けてみるといいかもしれません。

近年ではセラミックやプラスチックなど金属以外の材料を使って虫歯の修復が可能になってきたため、金属アレルギーかも?とご心配のある方でも安心して治療を受けていただけます。

 

ご心配な方や何か聞きたいことがある方などはお気軽にご相談くださいね。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ