保険外診療について ージルコニアセラミック編ー | くましろ歯科医院(高槻)

保険外診療について ージルコニアセラミック編ー

こんにちは。くましろ歯科医院です。

朝・晩だいぶ涼しくなってきましたね。しかし日中はまだ暑いので水分補給を忘れずに行いましょう。

 

さて今回は”保険外診療”の一つ
“ジルコニア”についてご案内します。

かつては保険適用の安くて丈夫な銀歯が主流でしたが
見た目を気にする方が増えた現在は
値段は高くても保険外診療を選ぶ方も増えています。

自然な白さで本物の歯と見分けがつきません。
見た目だけでなく、将来的に見ても
銀歯より2次カリエス(虫歯)や
金属アレルギーにかかるリスクが減らせることも人気の一因です。
値段は高くても、長期的な安心を選ぶ方が増えているのです。

 

保険適用の銀歯にすることのデメリット

・見た目が目立つ
その名の通り”銀”色なので、どうしても目立ってしまいます。
それが気になって、口を開けて笑うことができない
という方も少なくないのではないでしょうか。
また、金属成分が溶け出して
歯や歯茎が黒く変色し、さらに目立つこともあります。

 

・金属アレルギーの心配がある
金属を口の中に入れるので、今まで大丈夫だったとしても
ある日突然、金属アレルギー反応を引き起こす事があります。
口の中には水分があるので、金属が溶け出し
唾液と共に飲み込むことで、体内に蓄積され、症状が出ることもあります。

 

・銀歯の下で虫歯になりやすい
銀歯と自分の歯は、セメントで”つける”と言っても”接着”している訳ではなく
“隙間を埋めている”だけなのです。(合着)
しかし、セメントは徐々に溶け出し、隙間が出来てしまいます。
そこへ汚れや細菌が入り込み、2次カリエス(虫歯)になりやすくなります。

 

ここまで、保険適用の銀歯にすることのデメリットを
ご紹介しましたが、もちろんメリットもあります。

・強度がある
金属ですので、比較的耐久性に優れています。

 

・保険が使える
保険適用なので、やはり値段が安く抑えられます。

 

ここから本題の保険外診療についてです。

デメリットは何と言っても、保険が使えないので、値段が高いことですね。

では、何が良いのか?そのメリットをご紹介します。

 

ージルコニアー
一般的なジルコニアは、ダイヤモンドの代わりとしても使われるほど
硬く、透明感のあるものです。
歯科用のジルコニアは同じような成分で
白く、硬く、柔軟性のある材料に改良されたものです。

 

・強度があり、硬い
ジルコニアクラウンにすることによって
欠ける可能性がかなり減少します。
その為、噛み合わせの力が最もかかる
一番奥の歯には最適な治療法です。

 

・ブリッジやインプラントなど、強度が必要なところでも使える
今までは、ブリッジやインプラントの土台は、強度が必要なために
中に金属を使って強度を確保していました。
その為、歯茎が黒く見えたりすることもありました。
ジルコニアを使うことによって、強い力が掛かっても折れることがなくなり
金属を使わずに治療が行えるようになりました。

 

・変色や劣化を起こさない
ジルコニアは口の中で安定しているため
変色や劣化を起こしません。
口の中は酸性、アルカリ性、熱い、冷たいなど
多くの環境に置かれますが、
ジルコニアは安定した材料のため、環境の変化にも
長期間安定して口の中で機能します。

 

・金属より軽い
大きなブリッジの治療を行うと金属量が多くなり、
左右のバランスが変わるほど重くなっていました。
ジルコニアは金属の1/3の重さで作ることができるので
体のバランスを崩すことなく治療が行えます。

 

・体に優しく金属アレルギーを起こさない
ジルコニアは体に親和性があります。
金属は口の中に入れるとイオン化しますが
ジルコニアは口の中でも安定し、歯や歯茎に馴染み、
体に悪い影響を与えることがありません。

 

・精度が高い
ジルコニアを被せ物やブリッジにする場合、
3Dプリンターのようにパソコン上で設計し、
ジルコニアの塊を機械で削り出します。
金属のように溶かして作らないので、
変形が起こらず精度が高いものができます。

 

もともとジルコニアは医科の分野で、人工関節などでも長期の実績があり
多くの毒性試験や生体親和性試験をクリアしています。
歯科分野におきましてジルコニアは、欧米で既に500万本以上使用されており
その安全性、信頼性、審美性、実績により主要材料として
認められつつあります。

 

当院では2年間の保障制度を設けております。
ご興味のある方、そうでない方ももちろん、お気軽にご相談ください☆

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ