睡眠時無呼吸症候群ってなに? | くましろ歯科医院(高槻)

睡眠時無呼吸症候群ってなに?

こんにちは。くましろ歯科医院です。

今回は睡眠時無呼吸症候群についてご説明していきます。

 

<睡眠時無呼吸症候群とは?>
一言でいうと眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には10秒以上気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、1時間あたり5回以上あれば睡眠時無呼吸です。

 

普段リラックスして横になっているときは、唇が軽く接する状態で上下の歯の間に少し隙間があります。
しかし、仰向けになって上下の唇が軽く開いている場合は
顎全体や舌の重さによってのどのほうへ舌全体が下がってしまいます。
舌全体が下がってしまうと空気の通り道(気道)を狭くしてしまいます。
そうなることで『いびき』が起こります。

『いびき』があるとよく鼻が悪いなどと言われますが、それだけが原因ではなく寝ている間に舌がのどのほうへ下がってきて空気の通り道が狭くなっている場合が多いのです。

その症状が重症化すると睡眠時無呼吸症候群につながります。

本来、睡眠は日中活動した脳と身を十分に休息させるためのものです。
その最中に呼吸停止が繰り返されることで身体の中の酸素が減っていきます。
するとその酸素不足を補おうと身体は心拍数を上げます。寝ている本人は気づいてなくても寝ている間、
脳や身体には大きな負担がかかっているわけです。
これでは休息どころではありません。
その結果、日々の様々な活動に影響が生じてきます。

 

<睡眠時無呼吸症候群の主な症状とは?>

①寝ている間
・いびきをかく
・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
・呼吸が止まる
・呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
・むせる
・何度も目が覚める(お手洗いに起きる)
・寝汗をかく

 

②起きたとき
・口がかわいている
・頭が痛い、ズキズキする
・熟睡感がない
・寝起きが悪い
・身体が重い

 

③起きているとき
・強い眠気がある
・だるい、倦怠感がある
・集中力が続かない
・いつも疲労感がある

 

*自覚症状や程度には個人差があるので、可能であれば寝ている間のことをご家族やパートナーに聞いてみてください。

 

<睡眠時無呼吸症候群の方の傾向は?>
①生活習慣
・タバコがやめられない。
・お酒好き。寝る前のお酒が習慣化。
・太り気味。暴飲暴食してしまうことがある。
・高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある。

 

②見た目の特徴
・首が短い。
・首が太い。まわりに脂肪がついている。
・下顎が小さい。小顔。
・下顎が後方に引っ込んでいる。
・歯並びが悪い。
・舌や舌の付け根が大きい。

 

③性別

・男性のほうが罹患率が高いです。

 

④年齢
・30〜60歳くらいの働き盛りにあたる年代は要注意です。
・女性も閉経後に発症率が増えるといわれています。

 

<睡眠時無呼吸症候群にならないためには?>

①適正体重の維持
睡眠時無呼吸症候群はのどや首まわりの脂肪が大きく関係しますので太りすぎないことが重要です。

 

②お酒はほどほどに!
アルコールによって筋肉がゆるむため『いびき』をかきやすくなります。
ただでさえ寝るときは筋肉がゆるんでますので、アルコールが加わることにより、無呼吸が起きやすくなります。

 

③口呼吸から鼻呼吸へ
口呼吸をすると鼻呼吸のときよりも咽頭が狭くなるため、空気の通り道(気道)が閉塞しやすい状態になります。

 

④寝姿勢の工夫
仰向けで寝るよりも横向きで寝るほうが空気の通り道(気道)の閉塞を軽減できる場合があります。
抱き枕などを使って横向きで寝られる工夫をしてみましょう。

 

『睡眠時無呼吸症候群』かもと思ったら医療機関で診察を受けられることをおすすめします。
歯科では「マウスピース」(口腔内装置)を睡眠時に装着し、眠っている間に下顎を下げないよう固定をすることで空気の通り道(気道)を確保する方法があります。
比較的安価で、負担が少なく長期間使用できること、小型なので持ち運べることなどがメリットですが、虫歯や歯周病など使用できない場合もあります。

ご興味のある方、そうでない方もお気軽にご相談ください。

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ