歯ぎしりについて | くましろ歯科医院(高槻)

歯ぎしりについて

こんにちは。くましろ歯科医院です。

今回は歯ぎしりについてご説明していきます。

 

・歯ぎしりは歯のこすり方によって3種類あります

①グラインディング

上下の歯をギシギシとこすり合わせる一般的なタイプ

 

②クレンチング

無意識に歯を強くかみしめたり、くいしばるタイプ

 

③タッピング

歯をカチカチとすばやく合わせるタイプ

 

 

・歯ぎしりによってこんな症状がでることもあります

①歯のすり減り

病的にすり減り、冷たい水がしみる知覚過敏になることも

 

②歯周病の進行

歯に大きな力が加わり、歯周病を進行させ歯の寿命を縮めることも

 

③顎関節症など

顎に大きな負担がかかり顎関節症や全身の不調につながることも(頭痛やめまいなど)

 

◎よく行われる治療は、マウスピースを使った「スプリント治療」です。

プラスチック製のマウスピースを夜寝る時に装着します。

(上下どちらかの歯並びに合わせて作ります)

こうして歯がこすれ合うのを防ぎます。咬み合わせが悪い場合は、治療が必要になることもあります。

 

マウスピースは保険適用で、負担金5000円程度です。

 

※恐ろしい歯ぎしりの弊害※

・詰め物、かぶせ物がとれやすい

・歯がすり減っている

・歯にヒビが入ったり、割れる

・歯が動揺する

・口を開けるとあごが痛い、ガクッと音がする

・頭痛、肩こり、腰痛がある

 

これらの症状があれば要注意です。

 

何かわからないことや聞きたいことなどがあれば

お気軽にスタッフにお尋ねください。

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ